ちゃんと乾かさないならシャンプーしない方がまだいい!と私が言い続けているわけは…

愛犬のシャンプーをしてお家でしている方は多いと思います。

犬のシャンプー後に自然乾燥はNGなのですが、皆さんはしっかり愛犬をしっかり乾かしてあげていますか?

自然乾燥はリスクしかないと言ってもおかしくないほど良くないことだらけなのです。

 

なぜ自然乾燥は良くないのか?

皮膚病の原因になってしまう恐れがある

しっかりと乾燥をしてあげないと皮膚トラブルを招く原因になります。

皆様ご存じのように、細菌は濡れた場所で繁殖します。

湿っている所があると被毛の間で菌が増殖し、それが皮膚にまで到達してしまうと皮膚病として炎症を起こしてしまいます

 

カビが生える

被毛や皮膚で菌が繁殖してしまうと、カビが生えてしまうこともあります。

菌が増殖しやすい環境が整っている夏場は気をつけましょう!

 

臭いの原因

雑菌が繁殖しやすいということは臭いの原因にもなります。

例えるなら「洗濯物の生乾き」をイメージです。

衛生面から見てもNGですよね…

 

毛質が悪くなる

毛の表面はキューティクルが外部の刺激から守ってくれており、毛にツヤを与えてくれています。

水に濡れて開いた状態でいることは、毛がダメージを受けやすい状態です。

水で被毛が濡れている時間が長ければ長いほど、キューティクルが剥がれてしまい毛質が悪くなってしまいます

 

体調を崩す

犬は体温調節が苦手な動物であるため、濡れたままの状態でいると体温がどんどん奪われてしまう恐れがあります

特にパピー犬やシニア犬の場合には、すぐに乾かすようにましょう。

 

毛玉の原因になる

ブラッシングをしないでドライヤーで乾かすときちんと乾いていません。

また中まできちんと乾かさず毛がもつれている状態が続くと、毛玉の原因になってしまいます。

 

まとめ

ちゃんと乾かさないならシャンプーしない方がまだいい!

と私が言い続けているわけは…

きれいにするためのシャンプーなのに、シャンプーした意味が無いくらい半乾きは良くないことが多いのです。

しかし

「ドライヤーが嫌がってできない」

「時間がかかりすぎてきちんと乾かせない」

と悩んでいる方も多いかもしれません。

どうしたらいいの?

と悩んでいる方

詳しくはメルマガでもっとお話しいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です